くだらない世の中に疲れた私の為の記録

生きる死体の呟き。女性に生まれたことにたいして疲れた人間の記録と吐き出し

これだから男児男に親切にしても無駄なんだよな。つけあがるだけだから

 

200年前のイギリス女性の作家で詩人で役者のメアリ・ロビンソンも

 

「女は男に惜しみない愛情をそそぐが、男に女からの愛情を注ぐだけの値打ちはない」

「男は女は言うことを聞けば愛されるといっているけど、男は言うこと聞けば聞くほどつけあがるだけだから、振り回すくらいでちょうどよい」

 

 

女子生徒がスラックスを履こうとしたら妨害しまくるくせにな。

ぜったい女子生徒がスラックスを履こうとしたら、イギリスなので「伝統ガ―」とかいいそうなんだけど。

勝手に女性の許可も取らずスカートをはくオスガキ。

間違いなくいえるのは、おなじがっこうの女子生徒がスカートではなくスラックスを吐く運動をしようとしたら妨害するし、支援なんかしないしオスがスカートはいたくらいで歓声あげたバカオスもバカメスも歓声はあげないだろうな。

 

 

 

女児や女性はこうやって鵜呑みにしていい子ちゃんしてるけど、オスガキとオスは女児や女性の少年漫画や特撮好きとかほかの男の世界(爆笑)が好きな女児や女性の「好き」を否定しまくって迫害してますけどね。

むしろオスガキオスに積極的にいっていくべき。

 

 

「見てる人」なんかいやしませんよ。

日本人はなんかそういう信仰があるけど、それを真に受けちゃうんだろうな。ズートピアは大嫌いだが、ジュディは「見てる人」なんかいやしないのを解ってるから、話の中で強引にでも仕事をとりにいきました。

 

雨宮まみの対談集で小島慶子さんと雨宮さんが、利益にならない人には低い声で命令するけど、利益になる男の前では媚びる女性の本性を話しても「年増が若い子に嫉妬してるだけ。あんなのに引っ掛かるなんて大した男ではない、というけどいい男も騙されて結婚する」という事実にたいして

 

「昔話とか嘘じゃん!正直爺さんが報われないじゃん!」

「童話で親切にしていれば王子様が迎えに来るとか言っていたけど、王子様とか来ないから童話とが害悪ですよ!」

 

あんなの女児や女性に対するクソ説教と超男尊女卑なんだから、こういう現実を教えた方がいい。ナチス強制収容所でも「生き残れたユダヤ人は性格の悪い人だけ。いい人は次次死んでいった」とあったけど、良い人なんてやっても無駄なんてよくわかりますね。だっていいひとだのいい子ちゃんだのやらないオスガキとオスはでかい大度でのさばってるし、